◆矯正歯科
矯正治療とは、歯ならびを良くするための治療です。
当院は、その専門医院です。歯並びが悪いと虫歯、歯周病になりやすく、噛み合わせも悪くなるため、長い目でみると歯を失う原因になりかねません。そのため、機能的な問題を解決するためにも矯正治療は必要なものと考えております。きれいに並んだ歯並びを持つことはただ美しいというだけでなく、 バランスがとれて健康に成長・発育した証拠を示すものといってよいでしょう



歯ならびを良くすねと
よくかめるようになるり 食べる時の能率が良くなる
歯みがきがやさしくなりむし歯になりにくい
息がもれたりしなく発音がきれいになる
健康に見え口元が美しく見えるなどの利点に気付きます。

 ◆成人矯正
子供と比べると顎の成長をコントロールすることができないため、永久歯を部分的に抜かなければならない場合がありますが、見た目がよくなるだけでなく、磨きやすく、噛み合わせもよくなるため、歯周病、虫歯の進行を抑え、歯が長持ちします。
歯は人の顔の印象を決める上での大きな要素の一つです。
顔の主な部分を眉から下顎の下縁までと考えると、上下の歯、及び歯肉の部分では、 その半分近くを占めます。ですから、歯を矯正治療で動かすということは顔に重大な影響を与えることになるのです。 特に前歯の前後的及び垂直的位置、前歯の傾斜度、上下の顎の位置はとても重要なポイントです。歯並びは審美で、かみ合わせは機能かと考えられています。
歯が並ぶと同時に、かみ合わせが適正であることを求めるのが矯正治療です。 その他、顔貌、笑顔そして歯の並びが審美的であることも大切です。


抜歯症例
 ◆小児の矯正
永久歯の前歯がはえてくる時期に顎の発育が十分でないと、狭い場所に歯がはえてきて、前歯の歯並びが悪くなってしまいます。この成長の足りない状態を放置したままにして、永久歯の数が増えてくると歯並びはもっと悪くなる可能性があります。
乳歯列や永久歯が生えかけの頃から観察し、必要な早期治療を行うことで顎の成長をくコントロールできるため、永久歯を抜かずに治療できることが多くなります。
 ◆インプラント矯正
インプラントを利用した矯正治療のことです。通常の矯正治療は歯を固定源としますが、インプラント矯正は固定源としてインプラントを利用します。通常の矯正治療では固定源の歯と移動する歯は引張りあう、押されあう関係にあり、結局どちらの歯も動いてしまいます。また動かす方向も制限されてしまいます。インプラント自体は移動しませんので、移動させたい歯を効率的に移動でき、また移動させることが難しかった方向に移動することが可能になります。
インプラント矯正例1
インプラント矯正例2
 ◆矯正例
治療前 治療後
(いない歯科)
Copyright(C) 2009 inai dental office